通信制大学ならではの特徴とサービスについて

大学側から様々な配慮がされます

通信制大学には通常の大学にはないメリットがあります。通信制なので通常は通学する必要がありません。大学から遠方の場合でも学ぶ事が出来ます、年に一回程度集中授業がありますが、大学側から職場に対して授業出席の依頼文を発行するので、職場の事を気にする必要はありません。学科によっては現場実習がある場合もありますが、その際にも大学側から職場に対して依頼文を公式な形で依頼するので、仕事の事を気にする必要はありませんよ。

授業内容は通常と同じ

授業や実習は通常の大学と同じです。授業や実習を行う講師や教授は通常の大学と同じだからです。授業の内容について分からない事があればその場で確認する事ができます。集中授業でない時でも随時レポートの課題が出るので、レポートを提出する時に確認する事ができます。実習の時も実習担当者に対してその場で確認する事ができます。実習担当者も国の基準を満たしているかどうか大学側が確認するので質の良い実習を受ける事が可能ですよ。

通信制大学ならではのサービスがあります

通常の大学にはない通信制大学ならではのサービスもあります。実習や集中授業が終了した日に大学主催で交流会が開かれる場合があります。大学近くや駅の近くで行われる場合が多く、遠方に帰る人でも参加しやすいように配慮しています。出し物も大学側が考えている場合がほとんどで、受講生は事前準備する事なく楽しい時間を過ごす事ができます。仕事をしている場合にはお互いの交流や情報交換をしたり、名刺交換をする事もできますよ。

通信制大学では、主に印刷教材と面接によって授業が行われ、単位修得試験などが実施されます。自主学習が主体となるため自己管理が重要ですが、通学過程と比べてより多くの人に入学の門戸が開かれています。