マイホームを購入時には必要不可欠!正しい火災保険の選び方

火災保険は料金で選ぶのが一番

マイホームを購入するときには、一緒に火災保険にも加入をしなければなりません。日本では隣家から火が燃え移ってきて家が焼けてしまっても、損害賠償請求をすることができないからです。火災保険に加入をして、自分で対策をしなければなりません。火災保険は家を持っている間ずっと必要になるものなので、料金が安いに越したことはないでしょう。料金を比較できるサイトもあるので、確実に一番安いものを選ぶのが最もお得なのは間違いありません。

補償の範囲が自分に適している商品を選択しよう

火災保険は、商品によって補償の範囲も違っています。自分に必要な補償の範囲なのかどうかが重要になります。不必要な範囲まで補償をしてくれるタイプのものは、万が一のときには便利かもしれませんが、基本料金が上がってしまいます。コストパフォーマンスは悪くなるので、自分に必要な最低限の範囲のみを補償してくれる火災保険を選択するのが賢い方法だといえます。補償内容は各保険を精査しないと分からないので、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に意見を聞くのもいいですね。

オプションが色々選べる火災保険は便利

火災保険には、オプションが色々と付けられることが多いです。地震保険は特に有名ですね。地震保険は、火災保険の付帯保険としてしか存在していないので、これに入るかどうかは重要なポイントとなります。地震保険に入っていれば、地震時の火災についても補償がされます。地震保険に入っていないと、災害時の火災には無力になってしまうので気を付けましょう。日本は地震が非常に多い国なので、できれば加入をしておくといいでしょう。

火災保険は火事の時だけ?いえいえ。「台風で屋根、飛んだ」「雪の重みで家壊れた」など、自然災害時にもお役に立ちます。(地震を起因とする被害除く)