狭き門!司法試験合格から始まる弁護士への道!

司法試験は国家試験の中でも最も難関です。

弁護士なるためには、難関とも言われている司法試験に合格することが必須条件になります。毎年、多くの受験生が司法試験を受験しますが合格者は一握りの人だけです。司法試験は年に一回しか行っていないために一度、司法試験に不合格になると来年まで受験することができないために、司法試験を受験できる回数は限られています。しかし、一度司法試験に合格すると弁護士と言う肩書を手にすることができるので、受験のときには一瞬でも気を緩めることができないでしょう。

司法試験には四日間かかります。

弁護士になるための司法試験を受験する日数は四日間です。最初の三日間は論文式試験で公法系科目を四時間と得意分野を選択して試験を受ける時間が三時間あり、民事系科目が二時間を三科目行うために合計で六時間行います。民事系科目が終了すると直ぐに刑事系科目を二時間ずつ行い、合計で四時間になります。しかし、試験は四日間なので残りの一日は、短答式試験で憲法(五十分)・民法(七十五分)・刑法(五十分)行います。つまり、弁護士になるには、刑法・民法などの全ての法律を理解することが求められています。

司法修習生として勉強する必要があります。

司法試験に合格しても直ぐに弁護士になれるのではなくて、司法試験に合格後には司法修習生として弁護士活動をしながら現場で勉強をします。司法修習生ではベテラン弁護士と一緒に実際に弁護活動を行います。司法修習生は、弁護士だけではなくて検察や民事・刑事の裁判に出席しますが、ほとんどの人が弁護士事務へ配属されて弁護士に必要なノウハウを学びます。このように司法試験に合格すると直ぐに弁護士になれるのではなくて、合格後も勉強が必要な職業になるので気軽にできる職業ではありません。

鹿児島の弁護士は、幅広い案件に対応しているため、日常の様々なシーンにおいて発生したトラブルにも的確な対応が可能です。