意外と見落としがち?自分に合った通信制高校の選び方3ヶ条

「高過ぎるとちょっと。」学費や校外学習費

最初に気にするのはコレではないでしょうか?どんなに良い雰囲気の高校でも、学費が高いと行きにくくなりますよね。どの通信制高校のサイトにも大体「学費」の欄はあると思いますが、スルーしてしまいがちなのが「校外学習費」。つまりスクーリング費用です。普段の通信コースでは取れない体育などの単位をここで取るのですが、この授業を受ける合宿地が高校によって北海道だったり沖縄だったりします。飛行機を使わないと行けないような場所だと、スクーリング費用もその分高額になります。8万円を超えてくる学校もあるので、サイトに載っていない場合は説明会などで早めに聞いておいた方がいいでしょう。

「高校によって全然違う!」レポート提出の方法

通信制高校といってももちろん様々な学習スタイルがあります。レポート提出の方法も、Web提出、マーク方式など、最近は選択肢が広がってきています。注意するべきなのが、Web提出だとPCを持っていない場合タブレットを購入しなくてはならないところ。最低でも30000円以上は覚悟しておきましょう。週に何回か通学するコースだと、全日制と学校生活があまり変わりません。事情があって全日制に通学できない生徒さんには合っているコースかもしれませんが、元々不登校や引きこもりがちで通信制を選ぶのであれば様子を見てから登校日数を増やすといいかもしれませんね。

「オープンキャンパスは行った方が良い?」アンサー

百聞は一見に如かず。やはり一番大切なのは「自分の目で見て確かめる」事です。サイトの雰囲気や口コミだけで入学願書を出してしまうのはやや焦りすぎかも。手間に感じても、オープンキャンパスに行ってみる事をオススメします。その「手間」が一生を左右する事もありますので、是非慎重に、本当に行きたいと思える高校を探してみて。大袈裟に聞こえるかもしれないけれど、高校生活は一度だけです。自分に合った学校で三年間学べるというのは、自分の心身の健康にも良いし、卒業した後の自信に繋がります。

通信制高校は、学業不振やいじめ等により不登校となった方が、高校卒業資格を得るために利用する制度です。