どのような料金設定?相続税の相談で発生する報酬額

口頭での相続税相談で発生!税理士への報酬

税理士は税に関するエキスパートであるため、相続税に関しても適切なアドバイスをくれるでしょう。しかし税理士に相談に乗ってもらうためには、対価として報酬を支払わなければなりませんよね。税務相談に関する報酬として、まず口頭での相談により発生する料金があります。口頭での報酬額は、時間により算出されるのが一般的です。各税理士事務所によっても相続の相談による報酬額には違いがあるため、相談前には調べておきたい点ですね。

相談時間が超過したらかかる!追加相談報酬の支払い

相続税に関する相談内容が複雑な場合、基本時間だけでは相談が終わらない場合があります。そのような相談内容では、追加料金が発生するため注意が必要です。相談が基本の時間から超過した場合、時間数に応じて追加の相続税相談の報酬を支払うことになります。もし相談内容が込み入っている場合には、相談が終わるまでに随分と時間がかかる可能性もあります。そこであらかじめどの程度の相談費用がかかるのか、税理士に問い合わせした方が無難ですね。

書面での相続相談でかかる費用とは?

税理士への相続に関する相談は、口頭による方法だけではありません。書面による相談も可能なのです。この場合、税理士への相談に伴う報酬額は、書面の数により左右されます。この場合には、一通につきいくらといった報酬額の計算が行われる事が多いですね。ただし書面による相談業務でも、相談内容によっては回答のために特別な調査を必要とする場合もあり、基本的な書面での相談料金に加えて、新たに追加料金が発生するため注意が必要でしょう。

相続税は、ケースによっては多額の税金がかかってしまうことがあります。そのため、相続税のことなら相続税の税理士に相談すると良いでしょう。