効率良く資産を増やせる信用取引!リスクを知れば効果が大きい

信用取引のリスクを知って投資

信用取引は通常の現物取引とは違って、信用を担保に資金や債権の借入を行える方法であり、本来持っているお金以上の取引が可能になります。もちろん借入を行った投資ですから、借金のようなものであり、取引決済時には金利手数料を払う事が必要です。ですから通常手数料だけではなく金利もプラスされるという事を知っておく事が必要でしょう。信用取引は利益も大きくなるのですが、損失もその分大きくなる事も理解して、その上で投資する事が重要になります。

空売りが出来る優位性

信用取引では資金の3倍程度の取引を可能にするという利点がありますが、もう一つの大きな魅力としては空売りが出来るという要素があります。株式取引の場合は通貨取引のように買いでも売りでもポジションが取れるものではなく、信用取引の審査をクリアする事で売りでのポジションが取れるようになるのです。株式取引を行っていて、このタイミングで売りを出せればと感じる方も多いですが、そういう時に信用取引可能な状態にすると、株価変動の上下いずれにしても利益を産む事が可能でしょう。

安全な信用取引のポイント

信用取引は大きく儲ける事が出来る可能性があり、売りでも入る事が出来るというメリットがあるのですが、やはり注意したいのは資金に余裕を持った取引を行う事でしょう。余裕資金が無いギリギリの状態で信用取引をしてしまうと、損失時に支払いが出来なくなる可能性がありますから、そうしたリスクを抱えすぎる手法での運用は避けたい所です。時には損失を大きくしないように損切りを行う事も重要であり、損切りが出来るようになるとリスクをコントロール出来て、勝てる可能性が高くなる重要な考え方です。

信用取引をするには、証券会社に口座を開設することが第一歩になります。ただし、口座を開設するには審査を受けなければなりません。