これは便利!就業規則の作成代行なら社会保険労務士

就業規則はどういう場合に必要なの?

就業規則は、10人以上の従業員を抱える企業であれば、必ず作成しなければならないものですよ。作成後は所轄の労働基準監督署長に届け出をし、事業所に常時置いておかなければなりません。これは労働基準法第89条によって定められており、原則として正社員でもアルバイトでも、見たい時に見ることができます。内容を変更した場合には、速やかに届け出をしなければなりません。ただしこの就業規則は、テンプレートはあるものの、簡単には作成できません。

社会保険労務士に作成依頼

就業規則をしっかり作成しておかないと、労使トラブルがあった際に困ったことになります。例えば、残業代込みの給料であったはずなのに未払い残業代を請求された、あるいは会社に損害を与える行動をしたために解雇したが、不当解雇と主張された、などです。こうした場合、就業規則の内容に不備がなければ、会社に不利益にならないように解決できます。そして就業規則の作成をプロの社会保険労務士に依頼すれば、満足のいくものができるでしょう。

社会保険労務士に頼むメリット

社会保険労務士は労使トラブルのプロなので、落ち度のない就業規則を短期間で作成してくれますよ。インターネットで検索すれば、就業規則のひな型を見つけることはできますが、それでは会社ごとの特徴を考慮した就業規則にはなりません。しかし熟達した社会保険労務士なら、依頼会社の事業内容をじっくりヒアリングし、それぞれの会社に合った就業規則を作成します。また、作成後に労使トラブルが発生した場合でも、相談に乗ってもらうことができますので、安心ですね。

社会保険労務士の就業規則を決めることで、従業員の間の意欲の向上につながることがあり、なるべく経験豊富なプロに依頼をすることが大事です。